クレジットカードのセキュリティーコードとは

クレジットカードとは、商品を購入する際の代金決済の方法の一つで、このカードを利用することで、手元現金を利用せずに、商品やサービスを購入することが出来ます。

店舗でクレジットカードを提示して商品を買うときは、サインや暗証番号の入力を求められることがあります。

これは、そのカードが確かに本人のものであるという確認をするためのもので、不正用などを回避するために行われます。

また、インターネットショッピング等で、クレジットカードを利用するときは、セキュリティーコードの入力を求められることがあります。

セキュリティーコードは、カード裏面に記載のある16ケタの番号のうち右端の3桁の番号のことであり、本人確認を明確にするために入力するものです。

クレジットカードのセキュリティコード

クレジットカードには表に書かれている会員番号以外に裏面に少し判りにくく書いてあるセキュリティコードがあります。

これはカードの裏面の自分で氏名を署名する欄のところに7桁の数字が書かれているもので、普段は使いませんが、ネット通販などでオンライン決済するときなどにより高度なセキュリティが必要だとされるときに入力を求めます。

このコードは普段の買い物などの決済の時には利用しませんのでそういうときに不正に入手した情報を不正利用しようとしたときなどに効果がある仕組みです。入力が求められたときにカードを見て入力すればいいので、普段はあまり意識するkとはないでしょう。

セキュリティーコードについて

インターネット上で買い物をしたことがある人であれば、クレジットカード決済の際に、カード番号、有効期限、更にセキュリティーコードを要求されたことがある人もいるはずです。

セキュリティーコードとは、カード裏面の署名欄に印字してある7桁の数字のうち、右側の3桁の数字のことです。アメリカンエクスプレスの場合は、カードの表面のクレジットカード番号の右上にある4桁の番号です。

これは、クレジットカードの不正利用を防ぐためにあるもので、カードの利用明細書などには番号が記載されていないため、カードを保有しているカード会員にしかわからない番号ということになります。オンライン上での不正取引の防犯の一つです。

クレジットカードの審査について

クレジットカードを持ちたい場合には、必ず審査があります。

審査の基準や通りやすさなどは、クレジットカード会社によって違います。

また、審査の重要な対象項目のひとつが他社との借り入れ額です。

他の金融会社からのキャッシングやローンによる件数があって、借り入れ額があるというのは、会社側が信用機関に問い合わせをしますので、会社基準以上の借り入れがある方は落ちやすくなります。

また、お勤め先への在籍確認も会社によってあります。個人名で申込者を呼び出してもらうという形で、申込者がそのお勤め先に在籍しているかを確認します。クレジットカードは便利なシステムですので、計画的にお使いになることをお勧めします。

セキュリティーコードのつかい方

インターネットで買い物をするとき、クレジットカード決済にすると、手続きも一度で済むし、手数料も不要で便利です。
 
 買物でクレジットカード番号を登録すると、セキュリティーコードを聞かれることがあります。

 カードの買い物で必ず聞かれるのは、16ケタのカード番号と有効期限の〇〇年✖✖月の4ケタの数字です。しかし、これだけでは、カードをたまたま目にした人でも記憶したり、悪用される危険があります。

 カードの悪用対策として、裏面の、署名を記入する空白に小さな数字が印字されています。
 セキュリティコードは、裏面の数字のうち、最後の3桁です。
 
 逆に言えば、カード番号、有効期限、セキュリティコードのすべてを知られてしまうと悪用のリスクが高まるので注意しましょう。

クレジットカードの審査の仕方

クレジットカードを申し込むと、必ず審査があります。その仕方が、まずは個人情報を契約書に記入し、年収、勤務先、勤続年数を書きます。

ここでその属性をスコアリングして点数を付けます。

そして勤務先に本当に勤めているか?記入された勤務先に電話で在籍確認をします。

在籍が確認されれば、今度は信用情報機関に過去の借り入れ状況をチェックします。この時に延滞などして金融事故を起こしていれば、審査は通りません。

属性も点数的に問題なく、金融事故も無ければこれで審査は終了し、無事契約が終わります。こんな感じでクレジットカードは発行されます。

条件を確認して臨む審査

クレジットカードを作ろうとする際、一番気になるのは審査に通るかどうかです。

よく「いつも審査に通らない、バイトじゃだめなんだ」という方がいますが、申し込んだクレジットカードは貴方の勤務形態にあったカードだったでしょうか。

アルバイトやパート、派遣で働いている方は不安が拭えないでしょう。

でも、まずは自分の勤務形態とカードの登録条件が合致しているかどうかを確認しましょう。

非正規社員が多い時代ですから、非正規社員であっても作れるクレジットカードは数多くあります。

同じカード会社でもカードの種類によって条件が変わってきますので、その点もよく注意してみてください。

条件を満たしていれば、審査に落ちることはありません。

クレジットカード発行には審査を受ける必要がある

クレジットカードは、大変便利なツールで、多くの社会人の方が所有しています。

各種商品購入時の代金支払いや、サービス受領の際の代金支払いを現金なしで後払いにて対応することのできるものです。しかも利用金額に応じて一定のポイントが付与され、各種サービスに利用することができます。

このクレジットカードを所有するには、発行会社側での一定の審査を受けてそれにパスする必要があります。

所定の書類を業者に提出し、収入の安定性や負債の有無及びその金額など、家計を総合的に審査されるので、数日間手続きに時間がかかってしまいます。

カードの審査に通るには収入が必要です

クレジットカード等の審査に通るには、無職で無くきちんと働いていて収入がある事が前提です。

借り入れが出来たり買い物が出来たりするカードを持つには、継続的に且つ安定的に収入が有る事が前提で審査を受けることになります。

その中で職業や勤続年数等の項目により、キャッシングの上限等が決まりますが最低限契約をしてもらうためには、アルバイトやパートでも良いので継続的に収入が無いと契約は厳しいです。

逆を言えばアルバイトやパート等の非正規社員でも、ある程度の勤続年数が有れば、問題なくクレジットカード等の契約は出来るので、安心して申し込んでも問題なしです。

カードの審査でチェックされる点とは

クレジットカードを申し込んだ場合、審査はどのように行われるのでしょうか。まず、その人の収入や属性がチェックされます。属性とは勤務先や職種、家族構成や電話番号、収入などです。一般に家族と同居していて、しかも収入が高く、安定した職業の方が通りやすくなります。それから、信用情報も大きな決め手となります。信用情報とは、その人の、クレジットカードを含むローンの支払状況を確認するためのもので、もし支払が一定以上滞った場合は事故として記録され、審査通過は難しくなります。
また、クレジットカードの種類によっても、審査基準に差があります。一般にスーパーマーケットなどが発行する流通系は通りやすく、銀行系や信販系はやや厳しくなりますので、初めてカードを作る場合は、流通系をまず申し込むといいでしょう。

クレジットカードを発行するにあたっては何が必要か

日常生活の中でふと生じた高額の買い物やネットショッピングの際に、その支払いをクレジットカードにて行うと現金の持ち合わせがなくても手軽に精算を行うことが可能となります。日本でも幅広く浸透しているクレジットカードですが、これを発行するためには然るべき審査を受けねばなりません。ネットや店舗窓口などで氏名、年齢、住所、職業、勤務先、年収を始めとする個人情報を書き記し、必要に応じて身分証や収入証明書を提示することで通過することができます。審査が通ると迅速に新規カードが郵送されてきますので、それを手にした瞬間からクレジットカードで買い物をすることが可能となります。

カードの審査に落ちたら

クレジットカードの申し込みを行っても審査に落ちることがあります。この場合、再申し込みで通ることもありますが、闇雲に行っても落ちます。
まず、審査に落ちた場合、その情報が個人信用情報機関から削除される半年間は待ちます。それから再申し込みを行います。
ただし、同じ会社に申し込んだ場合、属性に大きな変化がなければまた落ちる可能性が高いです。審査に落ちる原因として、他社のクレジットカードを持ちすぎていることによる与信枠の圧迫があるため、不要なカードは解約するか、限度額を引き下げておき、与信枠に余裕を作っておくのが良いです。